普天間問題の摩訶不思議!

鳩山首相が普天間基地移設問題で大変苦境に立たされています。

 民主党擁護派は、鳩山首相は密かに反米主義者であり、日本を対米従属から抜け出す為にワザと問題を長期化させている。もしくは、アメリカ寄りのマスコミが鳩山政権を非難し過ぎている等と主張してます。そんな彼らの矛先は、自民党、マスコミ、官僚です(なぜアメリカを直接叩かない)。

 一方、ルービー鳩山派(民主党不支持)は、鳩山首相は正真正銘の馬鹿である。アメリカ基地を沖縄から移転させれば日本の防衛は手薄となる等と主張しています。彼らの矛先は、もちろん宇宙人(鳩山弟)です。

  まあ、どちらにしても問題の本質を誤っています。本当に普天間基地移設問題で非難されるべきなのはアメリカなのです。あのような住宅密集地帯にいまだに基地を構え、日本国から税金を分捕っている泥棒を抹殺すべきなのです。それなのに、鳩山が悪い、普天間移設を先送りした自民党・官僚が悪い、挙句の果てには基地移転を拒否した徳之島の住民に対し国防意識が無いと怒り狂う方が現れる始末です。
 
 私の考える対応策としては、アメリカに普天間基地の本国移転を要求します。もし、その要求が通らなかった場合は、思いやり予算の即刻廃止、日本国内にある米国基地の使用料を要求します。彼らが、それでも引き下がらない場合は、日本政府には中国と軍事同盟を結ぶ用意があると伝えます。そして、そうならばアメリカ海軍はハワイ沖まで撤退する必要があるであろうと脅迫します。だいたい、現在のアメリカは日本を舐め腐っています。彼らは重要拠点である沖縄を失えば、東アジアでの軍事覇権を喪失する事を分かっていないのです。

 価値の無い米国債を日本政府を脅迫して購入させるヤクザ紛いの国家と日本は心中する必要はありません。また、中国という急速に勢力を拡大したヤクザの傘下に入るのも、日本国にとって地獄でしょう。だから、江戸時代みたいに独立国家になりましょう。鎖国しても、独立した方が幸福です。これ以上、我々は金を分捕られるのは真っ平です。

"普天間問題の摩訶不思議!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント