神戸へのドライブ

ドライブした場所
摩耶山天上寺→掬星台→穂高湖→神戸空港→IKEA

画像

                              Photo.1 摩耶山天上寺(本堂)


画像

                       Photo.2 掬星台から六甲アイランド方面を望む


画像

                              Photo.3 穂高湖


六甲山を甘く見ていたと思う。
ヘアピンカーブの連続だし、後ろからはツーリングのバイクが次々と来てはバンバン抜いていく。さらに、私の車にはエンジンブレーキがない(おそらく)。私の鼻に、ブレーキパッドの焦げた様な臭いが伝わってくる。ブレーキ大丈夫かな、ちょいと減速しようかなと思っても、急な下り坂ゆえにアクセルを踏まずにも、十分速度がでる。しかも、後ろからは高級そうなスポーツカーが、ああ助けれくれ。

 遂に神戸の下界に下りたもの、束の間、街中も都会ゆえに恐怖であった。路上駐車のせいで車線変更させられたり(後ろの車に迷惑をかけた)、買ったばっかりのナビの表示が見にくく、道を間違えたりした。(本来、左折禁止の場所を曲がった)。まったく、おそろしい。(自分が悪い)

 そして、六甲山から神戸空港へと向かう。神戸空港では、無料駐車場ぽいのが無かったので、単に空港前の道路を一周しただけで終わった。そして、次の目的地のIKEAに向かう。

 IKEAとは家具販売業として世界一のシェアを誇るスウェーデンの企業である。お店の広さといったら半端じゃない。普通の店舗に大型の倉庫付である。倉庫と直結した店舗なので運送、在庫管理が容易と思われる。また、陳列されている商品の値段の安いこと、正直100円ショップ顔負けという印象だった。しかしながら、大半の商品が単なる大量生産品という安っぽい感じであった。私にとっては、東急ハンズやロフトの方がはるかに魅力的だと思った。しかし、東急ハンズなどより品揃えがはるかに良い。IKEAは物量で勝っている。それだけでなく、IKEA直営のレストランがあるという点が優位に立てるポイントだと思った。レストラン部門での収益も半端じゃないであろう。
 
 IKEAであまり美味しくなかったローストビーフを平らげた後、帰路につくことにした。まだまだ、車の運転に不慣れなので、高速では大人しく走っている。しかし、たまに右車線へと車線変更し、110Kmぐらいでかっ飛ばす。コレは物凄い爽快感を味わえるのだが、スピード違反という恐怖感も同時に味わう。

なぜ恐怖を味わうかというと、六甲山へ向かう途中にスピードを飛ばしすぎたからだ。
阪神高速道路の北神戸線は、最高速度が60Kmである。
しかーし、この道路の道幅は高速道路並だし、カーブもさほどたいしたことは無い。さらに、車の走行量も少ない。こんな道で60Kmで走るほうが、どうにかしている。
実際、飛ばさない私ですら最高時速110Kmだした。つまり、50Kmも速度超過したわけだ。というわけで、スピード違反の切符が送られてこないことを切に願っているのであります。
もし送られてきたら、阪神高速道路の関係者に、最高速度が60Kmである理由を尋ねようかと思う。へんちくりんな回答が帰ってきたら、アホンダラと抗議の電話をかましたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック