都合がいいね!

 さて巷では、民主党・小沢代表の秘書が西松建設から違法な企業献金を受け取ったとして逮捕された事件が騒がれている。この時期の国策捜査は、自民党にとって都合のよい時期であると考えられる。

なぜなら、「かんぽ宿」、「郵政民営化の修正」「小泉元首相の政界引退」「キャノン疑惑」などから一般大衆の目を逸らす最高の材料となっているからだ。そもそも、この国策捜査とは、検察庁の主導でなく、官邸側が主導権を握り行っている。検察に圧力を掛け、政治家の政治生命を根絶やしにするために行われているのだ。

自民党が選挙に勝利するためには、民主党 党首のスキャンダルが何よりも効果的だ。もはや、マスゴミ(マスコミのこと)の麻生叩きを支持する国民には、自民党の給付金制度など選挙票集めにほとんど寄与しないからだ。

 しかしながら、この時期の逮捕は、あからさまに自民党が仕組んだものだと大勢の人は勘付いてるであろう。だが、マスゴミが躍起になって小沢氏を叩いている(そうじゃないのもいるけど)。よって、何らかの力がマスゴミをコントロールしている可能性がある。その最大の勢力として、アメリカが挙げられる。小沢氏は、先日「(在日)米軍がひくことによって、日本の防衛は日本が責任を果たしていけばいい」と発言し、米国側の命令に従わない意思を示した。もし、民主党を選挙で勝利すれば、アメリカに逆らう政策を実施する可能性も高いわけである。

 よって、この国策捜査は、民主党を一辺倒に勝利させたくないアメリカ、そして選挙で票を集めたい自民党、その二つの勢力が合致して行ったものであると仮定できる。                   以上

 あまりにも露骨な国策捜査は、かえって国民に疑惑の目を自民党とアメリカに向けさせそうなものだ。しかし、その疑惑をマスゴミを利用することにより、逸らせると考えたのであろう。
本当に大手アスゴミは、アメリカ、国際企業連合および政府の犬だ。本当のことを書くと記者クラブから追放され、政治記者の命運が尽きるのであろう。

(参照サイト)
-植草一秀の『知られざる真実』-
選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-08e7.html

-きっこのブログ-
西松建設事件は自民党の自作自演劇
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-e150.html

-asahi.com-
「日本の防衛は日本が責任を」 民主・小沢氏が発言
http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY200902250292.html

-Yahooニュース-
小沢・民主代表:秘書逮捕 民主関係者、衆院選控え当惑 攻勢一転、守勢も /茨城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000127-mailo-l08

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック